医療ウィッグ取扱い検討の方

1.jpg

 

近年、医療ウィッグを必要とされる方が増えている状況の中、様々な医療ウィッグが存在しています。
しかし、闘病中にも拘わらずウィッグを使用することで「ストレスを与えてしまっている」実態も存在しています。
医療用ウィッグで「心のケア」と謳いながら「自然さ」だけに拘って「快適さ」とは何かを深く追及した製品が少ないのも業界の課題です。
 
〈ストレスとなる要因〉
1.不自然(見た目の違和感)
2.長時間着用していると重く感じ首が疲れる
3.長時間着用していると頭が締め付けられ気分が悪くなる
4.夏場は暑いし蒸れて痒くなる
5.毎日使用していると臭いが気になる
6.頭皮がチクチクして気になる
7.お手入れが面倒

私たちは、「闘病中のQOLの向上」に対して医療ウィッグとは「不快(ストレス)を無くす」ことを第一に開発された製品を「医療ウィッグ」と定義しています。

 

医療ウィッグチェック※チェックが多いほど快適なウィッグライフが過ごせます
1.不自然でない

□毛髪には複数カラーがブレンドされている

□植毛はファッションウィッグよりも本数を少なくしている


2.重くない

□キャップには軽量ネットが使用されている

□毛髪には軽量人工毛が使用されている


3.締め付けない

□キャップのネットには伸縮素材が使用されている

□キャップのネットにはゴム糸を使用していない


4.ムレない

□毛髪には水分吸収率が低い人工毛が使用されている

□キャップには二重ネットを採用していない

□地肌ネットには引き抜き植毛を採用していない


5.臭わない

□キャップのネットには抗菌防臭加工がされている


6.チクチクしない

□キャップのネットには柔らかい繊維を使用している

□植毛の結び目が小さい


7.お手入れが面倒でない

□毛髪には絡みにくい人工毛が使用されている(耐静電気)

□毛髪にはスタイル形状記憶の加工がされている

□毛髪には耐熱人工毛が使用されている(耐熱180℃)

□毛髪には速乾人工毛が使用されている

□お手入れは自髪と同じシャンプーが使用できる(リンス・トリートメント不要)