医療ウィッグ導入をご検討の方

1.jpg極柔.JPGキャプチャ.JPG

 

近年、医療ウィッグを必要とされる方が増えている状況の中、様々な医療ウィッグが存在しています。
しかし、闘病中にも拘わらずウィッグを使用することで「ストレスを与えてしまっている」実態も存在しています。
医療用ウィッグで「心のケア」と謳いながら「自然さ」だけに拘って「快適さ」とは何かを深く追及したウィッグが少ないのも業界の課題です。
 
〈ストレスとなる要因〉
1.不自然(見た目の違和感)
2.長時間着用していると重く感じ首が疲れる
3.長時間着用していると頭が締め付けられ気分が悪くなる
4.夏場は暑いし蒸れて痒くなる
5.毎日使用していると臭いが気になる
6.頭皮がチクチクして気になる
7.手入れが面倒

私たちは、「闘病中のQOLの向上」に対して何ができるか、私たちの考える医療ウィッグは「不快を無くす」ことを第一に開発しています。
医療ウィッグで人毛を使用している製品が多いですが、患者様を第一に考えると、私たちは以下の理由から医療ウィッグには、人毛を使用することをお薦めしていません。
人毛➡重い/蒸れる/臭う/絡みやすい/乾きにくい/スタイル崩れやすい/お手入れが面倒


私たちは、患者様のストレスフリーを第一に考えて開発したものを「医療ウィッグ」としています。

 

〈ストレスフリー対応の医療ウィッグとは〉
1.自然カラー3色ブレンド、髪の太さ3種ブレンド、一般より毛量(植毛本数)を少なめ
2.重くない軽量人工毛を採用、軽量ネット(極細糸)を採用、100%手植えを採用
3.締め付けられない➡ネットにゴム糸を一切使用しないで織り方で伸縮させる方法をネットに採用
4.ムレない水分吸収率が低い人工毛を採用、ベースは1枚ネット仕立て
5.臭わない➡ネットの繊維に抗菌防臭加工
6.チクチクしない➡ネットに柔らかいレースを採用(リバー織)、ラッセル編みは使用しない
7.手入れが楽➡絡みにくい、スタイル形状記憶、速乾でドライヤー要らず、自髪と同じシャンプー使用